【ご案内】Stanford式design thinkingで学ぶ 医学生・臨床医のためのリーダーシップ

【Stanford式design thinkingで学ぶ 医学生・臨床医のためのリーダーシップ】 design thinking の専門家である精神科医Dr.Chackoをお招きして、「臨床医にとって必要なリーダーシップ」をテーマに、design thinking 手法を実際に英語で体験します。 ▽日時:11月19日(土) 10:00-16:00 (医学部1-3年生対象) 11月20日(日)10:00-16:00 (医学部4-6年生&臨床医対象) ※10:15以降のご参加は出来ませんのでご了承ください。 ▽場所:本郷キャンパス医学部3号館1階のS101教室 ▽定員:先着40名 ▽参加費:医学生1500円、臨床医3500円 ※昼食のご用意はございませんので、ご持参頂きますようお願い致します。 ▽11月19日お申し込みフォーム: https://goo.gl/forms/QPQSZ6wGQBbhnVET2 ▽11月20日お申し込みフォーム: https://goo.gl/forms/30tlqKhfjuRfV8vM2

英語で学ぶ スタンフォード式身体診察 基礎編(5/28)・実践編(5/29) 開催報告

【Updates from JIGH interns】 5月28日(土)、5月29日(日)の2日間、「英語で学ぶスタンフォード式身体診察 基礎編・実践編」をコニカミノルタ様にスポンサーとしてお力添えをいただき、日本橋ライフサイエンスハブにてVIA・日本医学英語教育学会と共催しました。 講師には、スタンフォード大学医学部の3・4年生や研修医向けに身体診察を教えているStanford 25チームのErrol Ozdalga先生がはるばるサンフランシスコから来てくださいました。押味貴之先生(日本大学医学部)、James Thomas先生(慶應義塾大学医学部)、Daniel Salcedo先生(千葉大学医学部)にも、グループワークでご指導いただきました。 セッションではまず、Ozdalga先生が各技術を実演してくださいました。身体診察で使われる様々な器具の特徴や歴史などのエピソードも交えた楽しくわかりやすい実演に対し、会場では絶えず笑いと歓声が響いていました。 次に参加者はグループで互いに腱反射・心音の聴診・心エコー・眼底鏡などを実際に使って診察の練習を行いました。Stanford 25のロゴが表す“The low hanging fruit”という言葉の通り、あらゆる検査の中で最も手軽な身体診察から大変多くの情報を得ることができると知りました。同時に、診察を通して五感で感じられる人の体の不思議や素晴らしさにも触れました。そしてグループでお互いに教えあうことで、Ozdalga先生が最も大切にしている”See one, do one, teach one!”の精神も学びました。 実習の最後には、身体診察の技術だけでなく、ワークライフバランスの大切さ、好きなことを仕事にすることの素晴らしさ、など医師としての生き方についてもOzdalga先生から多くのメッセージをいただきました。 2日目は、1日目をもとにしてより深く実践に近い内容の実習となりました。2日とも参加したMedicsメンバーに取っても、楽しくあっという間で、学びの多い2日間でした。 たくさんの意欲的な参加者の皆様、魅力的な勉強会を企画してくださった先生方、スポンサーのコニカミノルタ様、そして会場を使わせてくださった日本橋ライフサイエンスハブの皆様に深く感謝申し上げます。 Stanford 25について詳しくはこちら。

【お知らせ】英語で学ぶスタンフォード式身体診察基礎編【特別企画】

この度は、5月28日に行われます特別セミナーのご案内をさせていただきます。 Stanford大学医学部から Dr Errol Ozdalga をお招きして “Stanford Medicine 25” という身体診察の技法を集中して学びます。 【英語で学ぶスタンフォード式身体診察 基礎編】 ▽講師:Errol Ozdalga, MD ▽日時:5月28日(土) 10:00-16:00 ※会場の関係上、途中参加・退出不可となります。 ▽場所:日本橋ライフサイエンスハブ(室町ちばぎん三井ビルディング8階) ▽対象:主に1年生から3年生までの医学生 ※高学年の方は、5月29日(日)に開催される類似イベントへのご参加をお勧め致します(主催:医学英語教育学会、VIA)。 ▽参加費:3500円(昼食代込、学生限定) ▽定員:100名 〈スケジュール〉 10:00-10:30 身体診察の基本&Stanford Medicine 25の紹介 10:30-12:00 Stanford Medicine 25 session 1 12:00-13:00 昼食 13:00-15:00 Stanford Medicine 25 session 2 15:00-15:20 休憩 15:20-16:00 Ozdalga先生へのQ&A 〈参加申し込みフォーム〉 http://goo.gl/forms/NTc1aeOohv ※ご参加を希望される方は、フォームへのご記入をよろしくお願い致します。 ※Team Medicsメンバーでない方は、下記のTeam Medics登録フォームをご記入した上でセミナー参加申し込みフォームへのご記入をお願い致します。 Team Medics登録フォーム:http://goo.gl/forms/gLU1Ziyg1m ご不明な点等ございましたら、お気軽にinfo@team-medics.orgまでお問い合わせください。

Tokyo MEDS April

本日は84名の意欲ある方々が参加してくれました。身体診察に関する主要な器具の英語名やバイタルサインなどを学んだ後、実際に身体診察の流れをペアで英語で行ってみました。 また、5月に行われるStanford medicine 25でも行う身体診察に関してビデオを見たりしました。 会場をお貸しくださった国立国際医療研究センター様、お忙しいところご指導くださいました押味先生、Thomas先生、ありがとうございました。 資料とビデオはこちらに載せましたのでご覧ください。

荒川直子さんによる講演会

3月30日に東京女子医科大学にて行われました、荒川直子さんによる講演会のご報告です。 荒川直子さんは日本の薬学部卒業後、日本で薬剤師として7年間勤務された後渡英し、University College London School of PharmacyのMSc in Clinical Pharmacy, International Practice and Policyを主席卒業されました。その後は英国にて薬学教育を国際的・多角的に比較調査し博士課程を修了されています。今回の講演では、「Standards vs. Excellence in Practice: 医療従事者の将来はどこだ?」と題し、医療従事者のProfessional Developmentについてお話ししていただきました。 講演の中で、日本の多くの大学で重要視されているMinimum standards(患者さんの安全が確保される医療の最低ライン)ではなく、Lifelong learningを怠らずExcellence in practice(最高水準の医療)を目指すべきだという、より良い医療従事者になるために不可欠なものの見方を教えていただきました。 また、将来ニーズに合った医療を叶えるべく、参加者を2つのグループに分け、各々与えられたケース(例:新興住宅地、地方過疎地)で考えられるニーズとそれに応えるサービスの案を出し合い、グループ間で発表をして意見を交換しました。 最後に、良い医療従事者になるためには保健ニーズに応えることのできるCompetency(ニーズに合ったサービス提供に必要な知識・能力・態度・行動など)の獲得と保持が重要であると教えていただきました。それに必要なのがLifelong learningだということです。 現在の日本の医学教育ではなかなか気付くことのできないものの見方、人々の生活全体を取り巻く医療を行うより良い医療従事者に必要な姿勢を学ぶことができました。 荒川直子さんにいただいた講演のPowerPointはHPにアップロード致しましたので、こちらからどうぞ。

第10回勉強会

【第十回勉強会】 2016年3月26日(土)、日本マイクロソフト品川本社にて第10回勉強会を開催いたしました。 前半は、TOEFL speaking 練習を行い、 後半は、上部内視鏡に関して学習しました。 高橋先生より、特にTOEFL speaking は時間内話し続けることが大事とご助言頂きました。 また、低学年が多いため、内視鏡をみたことがない学生もおりましたが、最終的には内視鏡処置について理解を深めることができました。 休日にも関わらず、ご指導してくださった高橋先生、会場をお貸し頂いたマイクロソフトの皆様、誠にありがとうございました。

【お知らせ】荒川直子さんによる講演会【特別企画】

▽タイトル 〈Standards vs. Excellence in Practice: 医療従事者の将来はどこだ?〉 ▽主催 Team Medics ▽日時 3月30日(水) 15:00-17:00 (講演、アクティビティー、QAセッション含む) ▽場所 東京女子医科大学 河田町キャンパス 中央校舎 5階 524教室 (http://www.twmu.ac.jp/univ/access.php) (都営大江戸線 若松河田駅 若松口より徒歩約5分、都営新宿線 曙橋駅 A2出口より徒歩約8分) ▽スピーカー 荒川直子(Naoko Arakawa)さん 2002年に明治薬科大学薬学部卒業、薬剤師免許取得後、神奈川県横浜市にある社団法人三喜会新緑総合病院で薬剤師として7年間働く。その間、病棟での患者指導業務を行いながら、薬学生実習や若手薬剤師への教育へ従事。その後留学を決意し、準備のため地域薬局へ職場を変える。2010年夏に渡英し、University College London School of PharmacyのMSc in Clinical Pharmacy, International Practice and Policyへ入学。2011年9月に主席卒業。2012年3月より同校にて博士課程開始。博士課程では、国際薬剤師・薬学連合(FIP;International Pharmaceutical Federation)と協働で、薬学教育を国際的な観点から多角的に比較調査。博士課程後は、日本薬剤師会と英国王立薬剤師会(Royal Pharmaceutical Society)との協働プロジェクトにて、プロジェクト・マネージャー兼研究員として従事予定。 ▽講演内容 〈Standards vs. Excellence in Practice: 医療従事者の将来はどこだ?〉 医療従事者になる前の教育では「スタンダード」を基盤としているため、将来のキャリアパスを描くことが難しいことが多々あります。皆さんも将来どのように、実際に医療現場や患者さんの治療成果の向上に貢献していけば良いのか、という問題に直面したことがあるのではないでしょうか。 今回の講演では、医学者教育で博士課程もとられた荒川直子さんに、医療従事者のProfessional[…]

WHITE RIBBON RUN 2016・ボランティア参加

3/6(日)に国際展示場にてWHITE RIBBON RUN 2016が開催され、Team medics からは10人がボランティアとして参加いたしました。 WHITE RIBBON RUN 2016は、世界で1日830人の女性が、妊娠・出産・中絶により命を落としているという認知を広げるために行われたチャリティー・ファンラン大会です。有明・お台場メイン会場では369人の女性が参加されました。 イベントは終始滞りなく行われ、怪我人もレース後の1名にとどまりました。 ボランティアの活動内容としては、 ・コース沿道で怪我人や体調不良の方が出ないかチェック ・自転車をお借りしてランナーと並走 ・救護テントに配置して救護体制がどのような連携で行われるのか見学 などをやらせていただきました。 Team medicsとして初のスポーツイベントということもあり、勉強不十分で先方にご迷惑をおかけしてしまうこともありましたが今回の反省を次に活かせていけたらと思います。 今回お世話になりましたRun for smile株式会社の方、国士舘大学の方はじめ全ての方に御礼申し上げます。

第9回勉強会

【第九回勉強会】 2016年2月26日(金)、国立国際医療研究センターにて、Team Medics第9回勉強会が開催されました。約30名の学生が参加してくれました。 今回は英語で検査の説明をすることを目的に、複数の検査を英語で説明する練習を行いました。その後PETについての英語の説明を聞き取り、そのshadowingをしました。事前課題の単語テストも行いました。 他に国立国際医療研究センター国際診療部の方のお話も伺いました。現場の様子、ニーズを汲み取る大切さ、外国人の方に診療をムービーで見せているという具体例もあげてくださり、Team Medicsとして何かアクションを起こそうというモチベーションが高まりました。 会場をお貸しくださり、病院での外国人診療に関する説明をしてくださった国立国際医療研究センター様、そして押味先生ありがとうございました。 勉強会で配布致しました資料はSeminarの別記事に掲載いたしましたので、Team Medicsメンバーの方はぜひご活用ください。