【5/12(土) Team Medics 新歓 ・Tokyo MEDS May 開催のお知らせ】

今回、新歓として5/12(土)にTokyo MEDS Mayを開催します! セミナー後、希望者で懇親会も開催予定です。 以下が当日の詳細となります↓ スケジュール 途中退出、途中入場可能です。 途中入場の場合は事前にご連絡ください。 14:00~ 受付 14:20~14:50 プレセミナー (希望者のみ) 15:00~18:00 セミナー ~18:15 Team Medics 活動説明 18:30(予定)~20:00 懇親会(希望者のみ) *プレセミナーについて: セミナー(英語で行われます)の内容の基本事項を医学部高学年の学生が日本語で簡単にレクチャーします。 臨床医学の講義を受けていない低学年向けの内容になります。 場所:東京大学本郷キャンパス 医学部図書館333会議室 内容:決定し次第お知らせいたします。 講師 : 押味貴之先生 (国際医療福祉大学) 定員:70名 セミナー参加費:学生無料、社会人1500円  懇親会参加費 : 1000円(予定) 医療英語や外国人医療に少しでも興味・関心のある方はぜひご参加ください!! お申し込みフォーム: https://goo.gl/forms/rBRCfp8wqSWosde52 『Tokyo MEDS』では、国際医療福祉大学医学部の押味貴之先生を講師としてお招きし、 医療英語について学んでいきます! 医学的知識がない方、英語に自信がない方でも大丈夫です! 『School Of Liberal arts (SOLA)』について 詳しくはこちら↓ http://team-medics.org/2018/01/11/sola/ そして、これら勉強会で学んだことを東京オリンピックをはじめとした国際的なイベントにおけるボランティア活動で実践していき、 国際的に活躍できる医療者になることを目指しています!

【Team Medicsメンバーとしての外部活動への参加に関するお知らせ】

 昨年11月に皆様にお伝えしましたように、 2018年度より、ボランティア等外部イベントにTeam Medicsメンバーとして参加する際の参加条件を構築していく方針となりました。 Tokyo MEDS Aprilより、 ボランティア等の外部イベントへの参加希望者に関しては、 毎月のセミナーへの参加を必須とさせていただくことになりました。 これは、メンバーの到達度の均一化を図ることを目的としております。 試験や部活動等の事情により欠席された場合は、 1.欠席したセミナーのビデオを見ていただき、次月のセミナーまでにクイズを提出していただく 2.医学英語検定4級以上またはそれに準じる医療英語証明を取得していただく のいずれかにより代えさせていただきます。 詳細、方法につきましては追ってまたご連絡させていただきます。 Team Medicsメンバーとしての外部イベントへの参加希望者: こちらのフォームにご記入ください。 https://goo.gl/forms/oNWRP8VPAN2Kcdju1 なお、現段階では学生のみの登録とさせていただいております。 2018年度前期のセミナー日程(予定)は下記の通りでございます。 日程:4/14、5/12、6/9、7/21 本日お知らせいたしました内容につきましては、 今後変更等生じていく可能性もございますので、何卒ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。 今後ともTeam Medicsを宜しくお願い申し上げます。

【VIA×Team Medics SOLA Aprilのお知らせ】

【VIA×Team Medics SOLA Aprilのお知らせ】 VIA×Team Medics Mindfulness in Medicine ▽日時:4/21(土) 前半 14:00-15:45 The growing role of mindfulness in health care: 近年注目を浴びているマインドフルネスの役割について  後半 16:15-18:00 Heartfulness in medicine : mindfulness, compassion, and responsibility: 医学におけるハートフルネスとは? ▽内容:今回のSOLAでは、近年ヘルスケアの部門で注目を浴びているマインドフルネスについて扱います。 マインドフルネスは患者への治療としてだけでなく、医療従事者のセルフケアとしても効果が認められており、ストレスの軽減や学習効果の向上などでグーグルなどの多くの大企業で採用されています。瞑想を中心としたプログラムでストレスを軽減させ、日々の集中力・傾聴力を高めます。 新生活が始まる皆さん、米スタンフォード式の‘ハートフルネス‘を体験し、 一緒にストレスマネジメントを学び、今後の生活に生かしていきましょう!! ▽場所:昭和大学旗の台キャンパス 医学部7号館会議室 ▽講師:Dr.Stephen Murphy-Shigematsu -講師プロフィール- 日本生まれ、米国で育つ。 スタンフォード大学の心理学者。ハーバード大学で心理学の博士号取得。 ハーバード大学、東京大学、スタンフォード大学で教鞭をとる。現在、スタンフォード大学ライフワークス・ファウンデイング・デイレクターを務める。 マインドフルネスやEQでグローバルスキルや多様性を高める国際的な専門家として認められ、教育・医療分野を中心に活躍している。 著書に、『When Half is Whole』 (Stanford University Press)、『Multicultural Encounters』(Teachers College Press)、 『多文化間カウンセリングの物語(ナラティブ)」(東京大学出版会)、『アメラジアンの子供たち──知られざるマイノリティ問題』([…]

【Tokyo MEDS March のお知らせ】

【Tokyo MEDS March のお知らせ】 ▽日時:2018年3月24日(土) 14:00 – 受付開始 14:20 – 14:50 プレセミナー 15:00 – 18:00 セミナー ▽プレセミナーについて: セミナー(英語で行われます)の内容の基本事項を 医学部高学年の学生が日本語で簡単にレクチャーします。 臨床医学の講義を受けていない低学年向けの内容になります。 ▽場所: 東京大学医学部3号館N101 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_04_j.html ▽内容: dyspnea (呼吸困難) ▽講師: 押味貴之先生 (国際医療福祉大学) ▽定員:54名 ▽参加費:学生無料、社会人1500円 参加希望の方は下記フォームにご記入ください。 また、欠席されることになった場合のご連絡はこちらまで(info@team-medics.org)、お早めにお願い致します。 ▽お申し込みフォーム: https://goo.gl/forms/MbFAbCrZoaA8xcyH2

【SOLA March 2018のお知らせ】

  「Doctorepreneur = Doctor x Entrepreneur -医師兼社長が語る『起業』-」 ▽日時:2018年3月17日(土) 13:30 – 開場、受付開始* 14:00 – 15:10 石見氏ご講演、質疑応答 15:30 – 17:00 グループワークセッション *受付方法は後日ご案内させて頂きます。 ▽内容: 「医療」と「起業」をテーマに、現役医師兼社長である石見氏にご講演頂きます。 また後半では小グループにわかれ、ディスカッションなどのグループワークを行います。 ▽場所: メドピア株式会社 東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル 11階 ▽講師:石見 陽 氏(メドピア株式会社 代表取締役社長 CEO(医師・医学博士)) -講師プロフィール- 1999年に信州大学医学部を卒業し、東京女子医科大学病院循環器内科学に入局。 循環器内科医として勤務する傍ら、2004年12月にメドピア株式会社(旧、株式会社メディカル・オブリージュ)を設立。 2007年8月に医師専用コミュニティサイト「MedPeer(旧、Next Doctors)」を開設し、 現在10万人の医師(国内医師の3人に1人)が参加するプラットフォームへと成長させる。 2013年に企業家表彰制度「EOY 2013 Japan」チャレンジング・スピリット部門でファイナリストに選出。 2014年に東証マザーズに上場。 ヘルステックにおける世界最大規模のグローバルカンファレンス「Health 2.0」を日本に誘致し、 2015年より「Health 2.0 Asia – Japan」として主催。 現在も週一回の診療を継続する、現役医師兼経営者。 共著「ハグレ医者 臨床だけがキャリアじゃない!」(日経BP社)、 その他「世界一受けたい授業」や「羽鳥慎一モーニングショー」など各種メディアに出演し、 現場の医師の声を発信。 ▽定員:60名[…]

Tokyo MEDS January 2018 開催報告

《Tokyo MEDS January 2018 開催報告》 1月20日にTokyo MEDS January を開催致しました。 Skypeで長崎大学とも中継を行い、また16名の留学生も参加してくださり、インターナショナルな雰囲気での開催となりました。 今回は”chest pain “をテーマとし、押味先生のご指導のもとグループに分かれてディスカッションしながら学びました。 また実際のケースを想定しながら、医療面接における患者さんへの質問の仕方や、より良い言い回しなどを実践を通じて学習しました。 参加者の皆様の積極的なご発言もあり、とても活気に溢れた3時間となりました。 次回のセミナーは3月24日を予定しております。皆様のご参加をお待ちしております。 申し訳ありませんが、2月の開催はありません。 最後となりますが、ご多用のところお越し下さった押味先生、誠にありがとうございました。

School Of Liberal arts (SOLA)開催のお知らせ

【School Of Liberal arts (SOLA)】 2~3ヶ月に1回、他分野からゲストスピーカーをお招きしての講演会を開催します。 講演会ではグループワークも行います。   ▽SOLAとは?:Study of Diversity 多種多様な文化・価値観・生き方の学び 医療分野以外も含めた『大学では経験できない多様な学び』を、教科書からではなくゲストスピーカーである講師の方々の生の声に触れて学修できるようにします。 またディスカッションなどを通じて自分たちで考え発信する姿勢を身につけられるような場にします。 ▽なぜSOLA?:Education of Humanity 教養の育成 Team Medicsは、これからの時代を生きる医療従事者として、将来様々なバックグラウンドを持つ患者さんと触れ合ったときに、自分とは異なる相手の持つ文化や価値観を尊重し柔軟に思考や行動ができるようになることを目標としています。 しかし日本の医療系学部での授業はどうしても知識偏重になりがちで、多様な社会について学習したり、そのことを自分たちで考えたりするような機会は少ないと思います。また医療系学生の属するコミュニティーも、同じような価値観を持った人達だけの閉鎖的なものになりがちではないでしょうか。 そこで、これまで行っていたTokyo MEDSのような英語学習の場に加え、「大学では経験できない」そして「主体的に社会と向き合い考える」、そんな学びの機会を提供したいと考えました。医療に限らず幅広い分野で活躍されている方々をゲストスピーカーとしてお招きし、生の声に触れることで、教科書などから学べない「リアル」を知り、医療者として、そして1人の人間としての教養を身に付ける場を提供します。

【ご案内】Stanford式design thinkingで学ぶ 医学生・臨床医のためのリーダーシップ

【Stanford式design thinkingで学ぶ 医学生・臨床医のためのリーダーシップ】 design thinking の専門家である精神科医Dr.Chackoをお招きして、「臨床医にとって必要なリーダーシップ」をテーマに、design thinking 手法を実際に英語で体験します。 ▽日時:11月19日(土) 10:00-16:00 (医学部1-3年生対象) 11月20日(日)10:00-16:00 (医学部4-6年生&臨床医対象) ※10:15以降のご参加は出来ませんのでご了承ください。 ▽場所:本郷キャンパス医学部3号館1階のS101教室 ▽定員:先着40名 ▽参加費:医学生1500円、臨床医3500円 ※昼食のご用意はございませんので、ご持参頂きますようお願い致します。 ▽11月19日お申し込みフォーム: https://goo.gl/forms/QPQSZ6wGQBbhnVET2 ▽11月20日お申し込みフォーム: https://goo.gl/forms/30tlqKhfjuRfV8vM2

英語で学ぶ スタンフォード式身体診察 基礎編(5/28)・実践編(5/29) 開催報告

【Updates from JIGH interns】 5月28日(土)、5月29日(日)の2日間、「英語で学ぶスタンフォード式身体診察 基礎編・実践編」をコニカミノルタ様にスポンサーとしてお力添えをいただき、日本橋ライフサイエンスハブにてVIA・日本医学英語教育学会と共催しました。 講師には、スタンフォード大学医学部の3・4年生や研修医向けに身体診察を教えているStanford 25チームのErrol Ozdalga先生がはるばるサンフランシスコから来てくださいました。押味貴之先生(日本大学医学部)、James Thomas先生(慶應義塾大学医学部)、Daniel Salcedo先生(千葉大学医学部)にも、グループワークでご指導いただきました。 セッションではまず、Ozdalga先生が各技術を実演してくださいました。身体診察で使われる様々な器具の特徴や歴史などのエピソードも交えた楽しくわかりやすい実演に対し、会場では絶えず笑いと歓声が響いていました。 次に参加者はグループで互いに腱反射・心音の聴診・心エコー・眼底鏡などを実際に使って診察の練習を行いました。Stanford 25のロゴが表す“The low hanging fruit”という言葉の通り、あらゆる検査の中で最も手軽な身体診察から大変多くの情報を得ることができると知りました。同時に、診察を通して五感で感じられる人の体の不思議や素晴らしさにも触れました。そしてグループでお互いに教えあうことで、Ozdalga先生が最も大切にしている”See one, do one, teach one!”の精神も学びました。 実習の最後には、身体診察の技術だけでなく、ワークライフバランスの大切さ、好きなことを仕事にすることの素晴らしさ、など医師としての生き方についてもOzdalga先生から多くのメッセージをいただきました。 2日目は、1日目をもとにしてより深く実践に近い内容の実習となりました。2日とも参加したMedicsメンバーに取っても、楽しくあっという間で、学びの多い2日間でした。 たくさんの意欲的な参加者の皆様、魅力的な勉強会を企画してくださった先生方、スポンサーのコニカミノルタ様、そして会場を使わせてくださった日本橋ライフサイエンスハブの皆様に深く感謝申し上げます。 Stanford 25について詳しくはこちら。

【お知らせ】英語で学ぶスタンフォード式身体診察基礎編【特別企画】

この度は、5月28日に行われます特別セミナーのご案内をさせていただきます。 Stanford大学医学部から Dr Errol Ozdalga をお招きして “Stanford Medicine 25” という身体診察の技法を集中して学びます。 【英語で学ぶスタンフォード式身体診察 基礎編】 ▽講師:Errol Ozdalga, MD ▽日時:5月28日(土) 10:00-16:00 ※会場の関係上、途中参加・退出不可となります。 ▽場所:日本橋ライフサイエンスハブ(室町ちばぎん三井ビルディング8階) ▽対象:主に1年生から3年生までの医学生 ※高学年の方は、5月29日(日)に開催される類似イベントへのご参加をお勧め致します(主催:医学英語教育学会、VIA)。 ▽参加費:3500円(昼食代込、学生限定) ▽定員:100名 〈スケジュール〉 10:00-10:30 身体診察の基本&Stanford Medicine 25の紹介 10:30-12:00 Stanford Medicine 25 session 1 12:00-13:00 昼食 13:00-15:00 Stanford Medicine 25 session 2 15:00-15:20 休憩 15:20-16:00 Ozdalga先生へのQ&A 〈参加申し込みフォーム〉 http://goo.gl/forms/NTc1aeOohv ※ご参加を希望される方は、フォームへのご記入をよろしくお願い致します。 ※Team Medicsメンバーでない方は、下記のTeam Medics登録フォームをご記入した上でセミナー参加申し込みフォームへのご記入をお願い致します。 Team Medics登録フォーム:http://goo.gl/forms/gLU1Ziyg1m ご不明な点等ございましたら、お気軽にinfo@team-medics.orgまでお問い合わせください。